ベンチャー企業で働くと得られる裁量

IT系のエンジニアがベンチャー企業で働くメリットは、大きな裁量を手に入れられることです。ベンチャー企業では少数精鋭の布陣で経営するのが基本です。ITに関わる事業内容のベンチャー企業なら、技術職のエンジニアは事業の成功の可否を分ける重要なポジションになります。
どのような開発を進めるのかは経営者などと議論して決めることになる場合が多いですが、現場で何をどのようにして進めていくかを決めるのは、ほぼ全てエンジニアです。技術職として事業の成功につながるような新たな付加価値を創出するために工夫を凝らすことが求められ、目標地点や通過地点と期日だけ経営者から言い渡されることも多くなっています。

目標を達成するための方法は、裁量で決められるのでやりがいがあります。今まで経験してきたことを生かして働くのも、新しいスキルを学んで取り組むのも基本的には自由です。結果として事業が成功に向かうようなものを生み出せれば良いというスタンスで働けるのです。
このような大きな自由を持って取り組み、成功すれば自分の力が高く評価されます。

ベンチャー企業では成果主義を取り入れていることも多く、大きな報酬を得られたり、昇進や昇給があったり、表彰されたりすることも珍しくありません。自分の裁量で取り組んで成功したことは自信になるので、さらに頑張ろうという力も湧いてくるでしょう。自由を生かして前向きな気持ちを奮い立たせやすいのがベンチャー企業の特徴です。
こちらのサイト起業を目指すならベンチャー企業にも働くメリットや需要のある職種などの詳細が綴られていますが、もし将来的に起業することを考えているのであれば、まずはベンチャー企業で経験を積むというのもいいかもしれません。