エンジニアにとってのキャリアプランの意味

エンジニアが生涯納得できる形で働いていけるようにするには、キャリアプランを早期に立てるのが重要とよく言われています。キャリアプランを立てる意味はIT業界でエンジニアがずっと自分なりに納得できる道を選んでいくための道標になることです。
IT業界で働くエンジニアには働き方の選択肢が多いため、ライフステージやライフプランに応じて最適な働き方にできます。正社員で働き続けるのが最善とは限らず、独立してフリーランスをしても、派遣社員として働いても良いでしょう。多様な選択肢の中からいつどれを選ぶのかを考えておくと、そのために必要な準備を進められます。転職ではキャリアが重要になるので早期にプランを立てるのが肝心なのです。

また、IT業界の特色として、業界動向によってエンジニアのニーズが変化しやすいことが挙げられます。今は最前線で活躍しているエンジニアも数年後には前線から外れてしまうことも珍しくありません。そのため、業界動向に応じていつもニーズがあるエンジニアでいられるように努力することが必要です。

キャリアプランを立てれば数年後までにどんなエンジニアになり、その段階から次にどういう方向を目指していくのかが明確になります。それが業界動向に合っているならそのまま突き進んでいけば良いでしょう。
しかし、将来的に不安があるとわかったときには方向を変更しやすくなります。このように叩き台となるキャリアプランがあるといつも納得できる働き方を正しく選択できるようになるのです。