起業に必須のスキルセットとは

ITエンジニアが起業する際には、現在豊富な案件を担える専門スキルが必須だとよく知られています。すぐに案件獲得に使えるスキルを持っていないと独立しても収入を得られずに苦労してしまうのは明らかでしょう。
需要が十分に高くて案件が多く、自分の力量に合っている仕事を選べることが必須事項です。時代遅れのスキルしかない場合や、まだ需要が高まっていないスキルを学んだだけの場合には起業するのはハイリスクです。

また、持っている技術系のスキルセットだけで1つの業務を必要十分な形でこなせない場合にも独立するのは難しいでしょう。フリーランスへの委託は一つの業務を丸ごと任せるか、完結させて納品物を求めるものが一般的だからです。
将来性を考えるとさらに新しい技術を学ぶ意欲も求められます。学ぶ力はスキルの1つとも言えるもので、効率的に新しいスキルを体得して現場で使えるように訓練をすることが大切です。

一方、起業するときに必要なスキルセットは技術的なものだけではありません。起業してフリーランスをしているときにはクライアントを離さないことが重要になります。一度獲得したクライアントから再度依頼をもらえるようになると安定して稼げるようになるからです。
クライアントから信用され、新しい案件を獲得するためには営業スキルとコミュニケーションスキルが必要になります。独立するITエンジニアが見落としがちなポイントなので必要スキルとして覚えておきましょう。